噂話のメンズファッション

人気記事ランキング

ホーム > 住宅ローン > フラット35はどこで借りても基本的に同じ条件

フラット35はどこで借りても基本的に同じ条件

国内には様々な住宅ローン制度があります。

銀行独自のローンやフラット35のようにどこの銀行で借りても基本的に同じ条件になるローンなどローン商品が多くてどれを選べばよいかわかりません。

他の人はどこを比較してローンを決めているのでしょうか。

特にわかりやすいのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば将来的に金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローン商品になるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行独自で設定できます。

住宅ローンを探す際の参考にしてください。

最近テレビコマーシャルなどで見かけるアルヒの住宅ローンですが、会社やローン商品にどんな特徴があるのかあまり知らない人も多いと思います。

会社としての特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績件数が1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」というサービスも行っており、そこでは勤務地や希望する通勤時間などのカンタンな質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で買えそうなオススメ物件を検索できます。

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

他にも別の金融機関に比べ審査スピードが早いことです。

そのため、先に購入可能額(予算)を確認できます。

人生で1番大きな買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うという人はいないと思います。

その際、資金調達で利用するのが住宅ローンです。

その際、変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方なら固定型のフラット35がおすすめです。

10年前に比べ、金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのに良い時期だと言われています。

現在の住宅ローンでは変動型の方が1%近く低い数値になっていますが変動型の場合、毎月の返済額が高くなることもあります。

そのため、最終的に総支払額が割高になることもあります。

一般的にローンを検討する際に金利を見ると変動型で借りた方がお得に感じる一方で金利変動で逆に支払額が高くなる可能性もあります。

そんな可能性のことを心配したくないという人も多いと思います。

そういった方の場合は、長期間金利固定の固定型で各種ローンを組むことをお勧めします。

固定型と書いているように、返済期間中は支払額が変わらないように設定できます。

そのため、計画も立てやすいですよね。

他のローンへの借り換えを行う必要があります。

ローンを借りる際に大切なことはなんでしょうか?他のローンや公共料金の支払いが滞っていないかという信用情報を挙げる人もいますが1番大切なのは借りた後の返済計画を立てておくことです。

例えば、住宅ローンなどでは借り入れ金額が大きく何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

確認方法は自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのホームページにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動で支払額が変わるので固定金利のフラット35でローンを組んだ場合も確認してみてください。

【PR】 フラット35審査甘い