噂話のメンズファッション

人気記事ランキング

ホーム > 消費者金融 > 過去にキャッシングを利用したことがある場合

過去にキャッシングを利用したことがある場合

キャッシングを広めるものが最近ではいたるところで見かけますが、キャッシングするのも借金するのも実は同じなのです。

ただ借金という言い方よりは、キャッシングというカタカナ表記で記した方が、少しおしゃれ感がありますし、抵抗もあまり感じないみたいです。

もし、過去にキャッシングを利用したことがあるという場合、それが2010年より前ならば、急いで過払い金を請求できるかどうか調べてみましょう。

過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれ、違法な金利で支払った利息を指します。

元本の額によっても少し変わりますが、年利が20パーセントを超えていた場合は、過払い金の請求ができます。

過払い金は自分で請求したり、法律事務所に依頼して請求することで返還されますが、完済から10年以上経ってしまうと時効を迎えてしまい、請求期限切れになるので、該当する可能性のある人は早めに行動しておきましょう。

少額の借入希望であれば、免許証だけでキャッシングの申込手続きを済ませることができます。

ですが、希望借入金額が高額の方、あるいは個人事業主など、給与所得者でない方は、収入証明できる書類を提出する必要があります。

収入証明書というと分かりにくいですが、給与所得者ならば勤務先から源泉徴収票をもらっておくと、間違いありません。

給与所得者でない場合は、その他の年収を公的に証明できる書類(確定申告書や課税証明書など)が必要になるので、あらかじめ用意をしておきましょう。

大学の書籍代ってすごく高額ですよね。

両親に出してほしいと頼むのが気が重くて、消費者金融で借りようと思ったんです。

バイトのシフトを増やせば返せるかなって。

だけど学生だからどこでも借してくれるとは思えなかったし、断られたら恥ずかしいというのもあって、社会人になるまではカードとは無縁で過ごしました。

考えてもみてください。

返す気持ちはあるけど、見込みは全然ないのです。

普通は借りれませんよね。

いまだから言えることですが、あのときは知りもせず、無謀なことを考えたものだなと思います。

自分では大人だと思っていたけど、甘かったんでしょう。

消費者金融系のキャッシングローンは、融資に銀行口座は必要ありません。

自動契約機でも、店頭でも、本人が行けば、銀行口座を使わなくても、審査がその場で行われ、契約成立し、すぐに借り入れが可能です。

カードの郵送や本人確認を終えるまでに日にちがかかりますが、ネットから申し込むこともできます。

銀行系の金融機関では、自行の口座がない人でも銀行のATMを利用してレイクALSA(レイクアルサ)等のキャッシングができるところもあります。

レイクALSAをコンビニで借りる